Home > About Australian Wines > WESTERN AUSTRALIA STATE

ニュー・サウス・ウェールズ州は1788年にヨーロッパ人が最初に入植した地であり、輝かしいワイン造りの伝統と多様な気候を有しています。

map

ニュー・サウス・ウェールズ州は、オーストラリアで最初にヨーロッパの植民地となった地で、ブドウの木が最初に植えられたのもこの州です(オーストラリアには原生のブドウはありません)。
オーストラリア大陸の東岸に位置するこの州は、多様な気候に恵まれています。シドニーの南方にあるショールへイヴン・コーストは、海洋性気候を活かしている一方、オーストラリア大分水嶺(Great Diving Range)の頂上付近にあるアルパインでは、海抜500メートル以上の地で、ブドウが栽培されています。

大分水嶺西側の内陸部を流れるマランビジー川(Murrumbidgee River)やマレー河(Murray River)沿いには、温暖なリヴァリーナやペリクータ、スワン・ヒルやマレー・ダーリングの北部が広がっています。オーストラリアで最も有名なワイン産地のひとつ、ハンターは、オーストラリアの商業と多文化の中心地、シドニーのすぐ北に位置しています。


COLLECTOR WINES / コレクター ワインズ

(ニューサウスウェールズ州/ )
James Halliday Australian Wine Companion 2012 ★★★★★

コレクター ワインズはオーストラリアの首都キャンベラに程近いス ノーウィーマウンテンの山麓、ムーランバットマンにあります。

2007年設立の新しいワイナリーで生産量は年産2000ケースと僅かです が、標高が高く冷涼な気候を生かしたシラーズ2種類とマルサンヌ (ブレンド)を作っています。特にシラーズの評価は非常に高く、 James Hallidayは彼の著書 Australian Wine Companion 2011 でCOLLECTOR Marked Tree Red Shiraz 2009 に97点を与え ています。 また2009 Penguin Australian Wine AwardではBest New Wineryに選出されています。近年大変な人気となったこのワ インは、生産量が少ないこともあり入手困難なレアアイテムとなって います。