Home > About Australian Wines > TASMANIA STATE

タスマニアはオーストラリアの冷涼なワイン産地のひとつで、様々な賞を獲得する高級スパークリングワイン、ピノ・ノワール、シャルドネ、リースリングの産地として知られています。

map

タスマニアのワイン生産地域は、北部のパイパース・リヴァー(Pipers River)、テイマー・ヴァレー(Tamar Valley)から、南部のコール・リヴァー(Coal River)、ダーウェント・ヴァレー(Derwent Valley)地区まで広がっており、様々な気候があります。
島全体で1つの州を成すタスマニアは大自然に恵まれ、上質のプレミアムワインをはじめ、食材やその他の飲料の生産地として、国内外で名声が高まっています。

タスマニアは冷涼な気候で、秋は日照時間が長く、乾燥した時期が続くため、凝縮感のあるフレーバー、香りの高いシャルドネやピノ・ノワールを造る理想的な条件を兼ね備えています。魅力的なワインの産地としての顔の他に、タスマニアは風光明媚なグルメ天国としても知られています。恵まれた気候を活かし、良質のチーズ、上質のビーフ、 特徴あるはちみつ、キノコ類、そしてオーストラリア有数のブティックビールを産出しています。タスマニアはまた、手つかずの原野や、ブッシュの散策、いかだの急流下りといった大自然を満喫できるアトラクションに事欠かず、訪れる人をみな満足にさせてくれます。


STONEY RISE WINE COMPANY / ストーニーライズ

(タスマニア州/ タスマニア北部)
James Halliday Australian Wine Companion 2012 ★★★★★

2000年に設立されたストーニーライズ ヴィンヤードは、ブティックワイナ リーが連なる豪州・タスマニア北部のテイマー川沿の緩やかな北西斜 面に広がっています。

3.2haのピノ・ノワール、0.75ha のシャルドネ、そし て最近植えられた0.2ha のグリュナーフェルトリーナーからなる、年間生 産量がトップキュベのHolymanとセカンドラベルのStoney Riseを併せて も僅か1,500ケースの小さなヴィンヤードです。 ha あたり4,500本という高い密植度に加え、1梢あたり1.5房に抑えるこ とにより低収量を実現しています。(4.5 tonnes / ha )
オーナーワインメーカーのJoe Holyman(ジョー ホリマン)はニュージーラ ンド、ポルトガル、フランスそして南オーストラリア州クナワラやタスマニア で栽培・醸造の経験を積んだ後、彼の理想である、フードフレンドリー でエレガントなワインを造るべくテイマー側沿いのこの地にヴィンヤードを 設立したのです。